パソコンとURL
News
パソコンを持っている男性

ブログやサイト運営を行ってアフィリエイトで稼ぐというのが、スマホやネット環境の整った昨今では割と知られるようになってきたわけですが、それに伴って競合サイトとの集客の取り合いになるのも当たり前に起こる話です。今回はそれをより有利に、自サイトを上位表示させる為のいくつかの方法や注意点を話して行きます。

まず第一にターゲットユーザーの絞り込みを行う事です。これは、商品開発などでもターゲット年齢層を絞るなどと同じ事で、ターゲットユーザーを明確に示すことでコンテンツの方向性を絞ると同時に、閲覧者の増加だけでなくリピーターを増やしてPVや被リンクを稼ぎ上位表示さえる様に狙うものです。
幅広くコンテンツを取り扱うことで多種のキーワードにヒットする方がユーザーが増えるのではないかと思いがちですが、その分だけサイトの整理には手間がかかりますし、最近だとリスティング広告と呼ばれる見る側の情報を集めて適した広告を出すシステムがあるため、幅広いユーザーを集めるサイトはこのリスティング広告がいろいろなものをヒットさせてしまうなど、何度も閲覧するサイトでは特に取り止めが無くなってしまい、ユーザーに敬遠されてしまうこともあって、ターゲットユーザーの搾り込み自体がユーザーの利用率アップにつながることになります。

次に上位表示を狙う上では、やはり上質なコンテンツの充実が大きな要因になります。これらは集客率を高めるとともに、SEO対策にもなり被リンクを集める事なども含めて相乗効果を生み出してくれますので、独自性の高いものを求められる傾向にあります。
そのため誰もが扱える無料なものよりも、ある程度は費用対効果を考えつつも有料なものを導入することで幅を広げた方が賢明です。この際にもターゲットが絞られていれば、必然的に力を入れる部分が整理しやすいのでターゲットユーザーの絞り込みと費用対効果を上手く合わせることで、相乗効果を狙えます。
相乗効果費用対効果の話にも触れましたので、もう一つにSNSやTwitterと言ったキーワード検索方向だけでなく、各種ソーシャルネットワークに被リンクを作ることも視野に入れておくことも忘れないでおきたいです。
これは単純に広告効果を生むだけでなく、SNSなどのソーシャルネットワーク展開することで集客を望めるのと同時に、SEOの評価を上げる事にもつながるSEO対策にも使えますので、単純な利用者拡大だけでないという事も覚えておくといっそう幅広い利用者獲得を狙えます。