パソコンとURL
  • ホーム
  • アフィリエイトをやるなら中古ドメインがおすすめ

アフィリエイトをやるなら中古ドメインがおすすめ

ここまで話を進めてきまして、先に中古ドメインでなくても新規であっても時間を掛ければ問題ないという話もしました。しかし、ここでもう一つアフィリエイトを行うという話を追加しますと、この認識は一転することになります。アフィリエイトは、いうなれば広告料をクリック数やPV数で成果として報酬を受け取なるモノになりますので、時間短縮が非常に重要になるからです。
検索エンジンの順位評価は運用履歴が長いほど強く影響が出やすく、アフィリエイトを行う上で、同水準のコンテンツを置いた場合には運用履歴が長く多方面からバックリンクを持っていて、数多くのリンクジュースを受けている中古ドメインにはかなわないからです。

さらに突き詰めるなら、ネット上でバックリンクを多く集めているサイト、特に同一ジャンルサイトでリンクを集中的に集めるオーソリティと呼ばれるようなサイトと競合した場合には絶対的に不利で、例えるとずっと先にスタートしているトップランナーを目指すようなものであるといえます。
とはいえ、少しでもオーソリティに近づくことが、アフィリエイトで有利に稼ぐことにもつながっているのは事実で、SEO対策や検索エンジンの順位向上、各種競合サイトを紹介しているブログとのマッチングなどやれることは多くあります。
逆を言えば、相手も同じことをしていたなら少しでも差を縮めるためには、中古ドメインなどでまずはスタートラインを前にすることが効果的です。少し前の項目で触れましたが、SEO対策をいくら行って被リンクを集めて、リンクジュースを高めていても、はっきりと成果が形になるまでには時間が掛かります。この時間だけでも競合サイトはSEO対策をさらに重ねて順位を向上させているわけですから、その差は大きくなる一方です。当然アフィリエイトの収益はユーザーの増加が大きく成果につながるわけですから、こういった各種被リンクやマッチングの評価は検索エンジンの上位表示と深くつながるわけで、この時間短縮がそのまま収益になるわけです。

逆に自分のサイトを新規ドメインで温めて成果を出してからアフィリエイトに登録するという方法も無くはないですが、実際に成果がはっきり見えてくるまでには数か月かかります。成功ならそれこそ問題ないですが、アフィリエイトで稼ぎたいと思う場合、成功であっても失敗や問題点が出てくるのであっても、その答えが早く出ない事には対策も変更も取れないわけです。収益を見据えて舵取りを修正する時間短縮には、新規よりも絶対に中古ドメインをおすすめします。