パソコンとURL
  • ホーム
  • アフィリエイトをやる上で注意するべき点

アフィリエイトをやる上で注意するべき点

初心者がアフィリエイトを行う上で、いくつか注意すべきことがあります。まず第一に過剰な記事を出していないかという点です。これは過剰的アピールや競合他者などライバルへの批判など、アフィリエイトを行う上でどうしてもユーザーの流れは気になるものですから、各種ツールを使うことでいろいろなサイトの流れや、競合サイトがどの程度ユーザーを集めているかが分かってしまいます。

人間の感情的に、これを早期に逆転を狙おうと思うと、まず相手よりも過剰的アピールで人の目を惹きつけようと考える人が多く、動画サイトなどで一時期問題となった人を集めるための迷惑行為などに近いものがあります。
自分ではルールの範囲内だと思ってもマナー的意味では不適切と言わざるを得ない発言や情報、場合によっては不確定情報を流してしまう場合などもあります。自分の感想だからいいじゃないかという人もいますが、特に過剰な発言やライバルへの批判行為には慎重にならなくてはいけません。何より批判行為は全般的に負感情であるため、ユーザーなどのレビューに上がる場合には余程の事実でない限り、不評を買うモノです。

次に著作権の話ですが、これはストレートに法律的責任が絡む話で、分かり易くアフィリエイトを整理する上で、例えば、これは割とネタとしてやってしまう人がいますが、この漫画面白かったので一部を添付しておきましたなんていうことをした時、広告にもなるため一部だと著作権側も目をつぶることがありますが、それが過剰になり、殆どネタバレ同然、読まなくても内容が分かってしまうなどとなると、法律的に訴えられる可能性が出てきます。

特に肖像権や著作権では版権元が訴えを起こした場合、ルールにも添付内容は法律に遵守し個人で責任を負ってくださいなどの記載があったりするので、まず勝ち目がありません。余計な不安を産みますし、レビューなどでこれは著作権違反じゃないのなどの書き込みはほぼ確実に上がります。運営側が不適切と判断したら当然記事やサイトは削除される方向に進んでしまいます。

ほかにもこういった批判や法的な問題行為になりそうなものは、単純に通報されればSEOの評価が落ちてアフィリエイトとして使いものにならなくなることもあり得ます。こういった不安材料になりそうなものは極力避ける意味でも、このくらいなら問題ないだろうという自己判断より相手の写真や動画の一部、書籍などの記事を抜粋する際には第三者に一度見て貰って、客観的視点で見るなど慎重にならなくてはいけません。