パソコンとURL
  • ホーム
  • サイト作成において表示スピードも大切

サイト作成において表示スピードも大切

ブログやサイト作成の上で、ドメインを選んだり運用状況がどうだったなどという事を確認するのはある意味で重要ですが、それは言ってしまうと、あとから解消されて行く部分の話です。むしろ重要と言えるのがサイトのスピードやコンバージョン率です。

検索上位に名前を出すためには実際に早く知られることも、ドメインパワーで広く人に知れ渡ることも重要な要因ではありますが、ランキング要因として絶対に軽視できないのがリピーターユーザーの存在です。ドメインの話などはむしろ検索ワードに掛かるかどうかであり、初見さんを引き込むための引き付け部分だとするなら、ランキング要因を大きく左右するのはむしろその後、その来てくれたユーザーをどうやってリピーターにするかという問題です。

もちろん良質なコンテンツで惹きつけるのは重要ですが、特に最近はソーシャルネットワークによりいろいろな媒体でサイトを閲覧できるようになっています。スマホでほんの少しの時間に見る人などにとっては、表示速度は非常に重要なことで、利便性の善し悪しに含まれるだけに、余りに遅いと別のサイトを探して離脱してしまうことも十分あり得ます。利用者が多く、ちょっとした時間にも見るということを考えれば、画面に合わせた画像サイズに調整してくれるレスポンシブ仕様にするのはサイト作成時から必ず入れておきたいですし、必然的に表示速度が速い事でコンバージョン率が上がるのも見落とせない要因です。

またスピードアップデートをGoogleがSEOに採用したというのもかなり有名な話で、表示速度の善し悪しで検索順位が下がった実例もあるとの事です。それだけ、Google側もスマホの普及によるレスポンシブの採用など利用状況が変化していることを認識していることでもあり、この利便性を見落としてはランキング上位には食い込んでいけないという事です。

では具体的にこのスピードアップデート対策をどうやって判断するかですが、Google Analyticsの導入をおすすめします。これはサイト利用者閲覧者が、どういう経路をたどったりしているかを確認するためのツールであり、当然表示速度が遅くて離脱してしまう閲覧者ならば、Google Analyticsで状況確認をすれば目的のページに進む前にすぐ帰ってしまうのでわかりますし、これを導入することでサイト利用者が自分のサイトのどの情報を多く閲覧しているかや、どういう順序で見ているかなどがわかるので、これを参考に記事の並びを調整したり、画像サイズを調整して一画面に見たい情報を収めるなどの工夫も出来ます。
単純なスピードアップだけでなく、こうした利便性を上げることで表示速度を上げるだけでなく、何度も表示を切り替えないで見られる工夫を施すのも改善策になります。

人気記事一覧