パソコンとURL
  • ホーム
  • スパム扱いとなるSEO対策とは

スパム扱いとなるSEO対策とは

パソコンの画面

SEO対策として効果的な方法は、被リンクを増やすことです。これは多方面とのつながりがあるという数字的評価がされるだけではなく、相手側からのユーザーも出入りが起こるので、単純なPVやアクセス数の伸びにも繋がります。
SEOの審査はこの被リンク数や相手サイトがどのようなものかなどが評価対象になります。これを利用して、一昔前にはSEO対策として機械的アルゴリズムをすり抜ける為のいくつかの方法が使われた実例があります。隠しテキストや隠しリンク、クローキングやワードサラダなどがコレに当たります。

まず隠しテキストや隠しリンクですが、これは読んで字の如くです。簡単な手法ですと白地の背景に白文字で検索ワードを増やしたり、同じ手法でリンクを貼り付けておけば、ユーザーの目には見えなくともこのサイトに置いてある被リンク本数を簡単に水増しできます。そのリンク先を自分が持っている別のページに設定するなどしても、例えば単純にコピーページでいくつもこの隠し状態の被リンク本数だけを積み重ねると、機械的審査では関連性のある被リンクが多く存在していると認識されてしまうわけです。

他にも、目では捉えにくい文字の大きさで背景にキーワードを置いておくことや、ツールを使ったレイアウト外にリンクを配置するなど、隠しの方法は何種類か存在します。
次にクローキングですが、これは特定の相手、大抵は機械的な接続相手と人間の接続相手を判別して、違うサイト情報を見せる手法です。外套などクロークをかぶせるという意味合いでまさに機械への目隠し的な手法です。コピーページへのリンクなどと合わせて、これらは悪意的にアルゴリズムを欺くために使われる手法であることが多く、見つかると大抵スパム行為としてペナルティ対象となります。

また、ワードサラダですが、こちらは悪意とは別にこのワードやタグも関連してるかななどと思って、キーワードやタグの乱用をするといった手法で、サイト運営側としては関連性があるかもしれないからタグを付けていたのに、実際に第三者の視線から見た時に関係している様に見えないといった状態です。これをSEOの審査が通過すると、単なるタグの乱用やワードのヒット数を上げる水増し行為とみなされてスパム扱いされてしまうことがあります。
これに関してはこのサイトは関係ないタグまで乗せていますよなどの逆SEOになりえる被リンクを受けることもありますので、こういった批判や誹謗中傷といった逆SEOになるリンクを受けないためにも、本当にそのタグやワードに関連付けがあると感じるか、第三者の目で一度見てもらうのが失敗しない一番の対策となります。

人気記事一覧