パソコンとURL
  • ホーム
  • 中古ドメインの選び方と探し方のツール

中古ドメインの選び方と探し方のツール

色々なSNSサイト

コンテンツの費用対効果を考えていく上で、SEO効果が表れるまでには多少なりとも時間が掛かるという話はしました。
では、それを少しでも早める方法はないかという話で、ある程度この手の話に触れたことがある方だと中古ドメインをすぐに思い浮かべるはずです。
実際中古ドメインを使うことで最初から、インデックス状況が良かったり、被リンクがついていたりと、早期にSEO効果が出る条件はそろっています。
何より新規ドメインで立ち上げるとなると閲覧ユーザーを待つのにも少なからず時間は取られます。
その上で少ない来客数からSEOの評価が下されるので実際と見合った評価が初めのうちは出にくいのは事実です。
では、その中古ドメインを検索して探す方法や、選ぶ上で失敗しない方法やその選び方があるかというと、まずは過去の運用状況の確認や被リンクの状況、場合によっては被リンク対策も必要です。
何より被リンク対策ではスパムと判断されている被リンクがどの程度あるのかを知る必要があります。

基本的には無料ツールであるサーチコンソールなどで、大抵のことは事足りますし、中古ドメインを販売しているおおもとで、ある程度の情報は一覧表記で見ることができます。
ただ、この時の選び方で、絶対に高額だから問題ないという判断は禁物です。
言ったように過去の運用状況が重要で、自分が今後使う目的に反した利用方法、例えばですが低年齢や全般に向けた情報サイトを作りたいのに、成人向け運用をメインとしたアダルトやギャンブル色の運用履歴を持つ場合などには、逆に足を引っ張る可能性があります。
あとは、有料ツールでよく名前を聞くものとしてはAhrefsやMOZといったものがあります。
AhrefsやMOZも登録しておけば、いろいろなデータを見ることに使えますし、インデックス状況や被リンクのスパム率などから自然獲得されている被リンクの数を割り出すこともできます。
ただサテライトなどのサイトを使っていたり、自然獲得といっても実際には本人がある程度作りだしたサテライトからの被リンクだったりもするので、確実な参考とは言い切れないのが実情です。
なので、基本に立ち返りアフィリエイトで利用して費用対効果を目的にと思えば、サーチコンソールでも十分ではあります。
中古ドメインも、運用履歴や被リンク状況さえわかれば、他のドメインパワーなどは販売サイト側で指標を出している方が通例ですし、石橋をたたいて渡るほど慎重になるなら有料での導入も検討できますが見合うコスト分の利益を今度は得なくては損になります。
新規ドメインでスタートする人もいますので、初めてやるなどと言う方はそこまで中古ドメインの厳選にこだわる必要はないというのが実情です。

人気記事一覧