パソコンとURL

SEO効果が出るまでの期間

パソコンを使用する男性

ターゲットユーザーの絞り込みや費用対効果に見合ったSEO評価を得るためにも、まずはSEOがどういうアルゴリズムで動いているかや、どういったコンテンツがユーザーに好まれるのかという事を知らなくてはなりません。アクセス数を向上させるためには検索順位は高いにこしたことはありませんし、競合サイトが数多くある昨今では、特に検索されるビッグワードやロングテールキーワードでも触れられやすいものなど、世間一般に知られているノウハウは着実に蓄積されています。これは必須ではありませんが、知っているか知らないかで検索順位を上げるための難易度は大きく変わってくるのも事実です。

SEOを知るうえで知っておかないといけないのはいろいろなコンテンツを置いたとしても、その効果がしっかりとした目に見える成果になるまでには、当然瞬時には出ませんのでタイムラグ、つまりが期間の誤差があります。目についたお店があっても、その人間が入店したからと言って必ず商品を買うわけではありません。ましてやお得意さんになってくれるまでにはこのサイトは有用だとユーザーが認識しない事には、そうはなりません。その積み上げが無くてはSEOもアクセス数が多い、優良閲覧数の多いサイトとは判断しないわけで、SEO効果が目に見えるまでには、ユーザーの検索、ユーザーの定着の過程が必要になります。

当然競合サイトとの比較や、ビッグワードでの検索順位がいかに上になって目につくかも関わってきます。同じワードで張り合っても似た様なサイトをいくつも回る人は稀ですので、ロングテールキーワードのような検索されにくいけど、それ以外では来ない検索方法を仕込んで置いたり、もしくは被リンクを各所いろんな場所から集めるなど、そのコンバージョンが現れるまで今期は必要となります。

ただ中古ドメインのドメインパワーに頼ったり、サテライトサイトを使うなど、単純に期間を待つだけでなく短縮してコンバージョンを上げるノウハウはありますし、数日などという話ではなく、数か月単位の期間で下地となるコンテンツを作って、ソーシャルネットワークなども活用すれば、これ自体の難易度は決して高くはありません。安易に被リンクを増やせば良いと無関係なところにまで被リンクを付けに行ったりすると、逆にスパムなどと認識されてしまい審査などの際にはペナルティ案件になりますので、数か月程度は効果が出るまで待つ構えでいることが賢明だといえます。

人気記事一覧